民事再生

民事再生

下地画像

企業が事業を継続して再建を図る「再建型」の倒産手続きです。平成12年4月「和議法」に代わり施行され、主に中小企業が適用していますが、個人も対象にしています。会社更生法に比べ手続きが簡易かつ迅速で、再生計画の認可要件が出席した再生債権者等の過半数、債権総額の2分の1以上の同意などに緩和され、再生計画成立が比較的容易なことが特徴です。

当社の強み

  1. ホワイトないと投資家多数あり

  2. 投資家を決めて、民事再生申請をする(パッケージ型)

  3. 現状社員、役員などの引継ぎ可能

  4. ​民事再生申請弁護士有り

民事再生

当事者同士の合意によって紛争の解決を図る、裁判外紛争解決手続きの一つです。裁判所の「調停委員会」が当事者同士の言い分を聴いて歩み寄りを促し、当事者同士の合意によってトラブルの解決を図ります。

民事調停

民事紛争解決のための手続きの一つである仲裁手続に関する内容を定める日本の法律です。当事者間に合意がある場合に、裁判ではなく一人または二人以上の仲裁人に紛争の解決を委ねる仲裁制度について定めています。

当社の強み

  1. 総括的にアドバイスができる弁護士を紹介できる

  2. ​総括的にアドバイスができるコンサルティングを紹介できる

仲裁法

債務整理の一つである破産手続きの要件・効果・手段などを定める法律をいいます。資力が無い為に、借金などを支払っていくことができなくなった場合に、裁判所の関与の元、債務者の持っている資産を売却するなどして、法律の定める順番に従い、債権者に平等に分配する清算手続きを行います。

​総括的には破産申請のエキスパートの弁護士紹介ができ、コンサルティングも承ります。

破産法

住宅ローンの滞納が続きますと、銀行等の金融機関は抵当権にしたがって所有不動産を競売にかけ、換価(現金化)します。競売の場合、いくらで落札されるかは開札日までわかりませんが、市場価格よりも2~3割低い価格で落札されることが大半です。そのため、市場価格で売却できる任意売却は債権者にとっても多くの債務が回収できるというメリットがあります。

​総括的各銀行に任意売却の実績あるコンサルティング、弁護士、会計士、中小企業診断士、不動産会社の紹介ができます。

任意売却